EF24-70mm F2.8L II USM

 標準ズームレンズの最高峰、EF24-70mm F2.8L II USM。

新時代に対応した、キヤノンの標準ズームレンズのトップに君臨、EF24-70mm F2.8L II USM。
度重なる発売延期に加え、ようやく発売日を迎えた当初は大変な入手困難で、信じられないこと
ですが、事前予約から手に入れるまで一年近く待たされました…。

愛すべき、クセ玉。

EOS 6Dの標準ズームとして、2年ほど使用してきて思うのは、フルサイズ・オーナーに対して、
「誰をも満足させる、素晴らしいお勧めレンズです!」と手放しでは言えない、なかなかの
クセ玉であると言えるのです。

なぜか?

手ブレ補正機構、レスの選択。

重い、大きい、口径がデカイ、というのは致し方ない条件です。しかし、IS(手ブレ補正機構)が
無いのは大きなハンデです。もちろん承知で購入したのですが、元々手ブレにはシビアにならざる
を得ないフルサイズセンサーの場合、手ブレ補正が無いとこれほどまでに撮影に神経を使うのかと、
今もって実感しているのです。従って「普段遣いにもぴったりで、気軽なスナップに持って来い!」
なレンズとはおよそ言えません…。
 …では一体何がいいのか。

日陰と順光の魔力。

このレンズ、日陰と順光で、ある条件が揃うと、恐ろしい程濃密な画を描くことがあるのです。
その引き込まれるような色彩は、まるでLレンズの単焦点のよう。
常に正しい画を正確に描写する優等生とは違い、日頃はなんとかなだめすかしながら相手を
していると、突如魅惑の画を写し出してくれる、ツンデレな雰囲気を持った魔女的なレンズ

その魔性の画とはどのようなものなのか? ご紹介していきましょう!
>>> 次回 Canon EF24-70mm F2.8L II USM -色彩-
<<< 前回 Canon EOS 6D レビュー -操作性-
---------------------------------------------
>>> Canon EOS 6Dのレビューはこちら!
>>> EF24-70mm F2.8L II USMのレビューはこちら!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 北堀江の看板

    2019-6-10

    RICOH GR III レビュー Vol.13

    レンズ構成 今回の新型GR IIIでは、レンズの構成が変わりました。前衛機種GR IIの5群7枚か…
  2. GR III_6

    2019-6-7

    RICOH GR III レビュー Vol.12

    デザイン RICOH GR III のデザイン。初代GRから脈々と続く、この無骨とも言える独自のス…
  3. 黒部ダム

    2019-6-3

    黒部ダム

    最高峰の土木技術  日本で最も堤高(ダムの高さ)が高いダム、黒部ダム。建設作業に従事した作業員は述…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る