Just ear −サウンドレポート:チューニング−

just-eer_4

2モデル

Just earの製品ラインナップは2モデルのみ。本体価格 なんと税別20万円(!)という、音質
プリセットモデルがXJE-MH2。こちらは、「モニター」「リスニング」「クラブサウンド」
という3つのプリセットされた音質から、好みのモデルを選ぶことができます。ただし、カスタム
イヤホンでは必須となる耳型採取費用として、別途9000円が必要になります。

音質カスタムモデル

そしてもうひとつのJust ear。世界にひとつだけの耳型を取るなら、世界にひとつだけの音質も
手に入れてしまえ!という特別仕様のカスタムイヤホン。こちらの価格は驚異の税別30万円(!)。
もうここまで来たならいってまえ!という感じがしないでもないですが、いざ冷静に考えると、
20万円のXJE-MH2に加えて、10万円の高級ヘッドホンが買えてしまうという恐ろしい金額…。

チューニング

さて、至高のJust ear、XJE-MH1の最大の特徴である、音質のカスタマイズとは?。
耳型を取った後、XJE-MH2は3種類の音質モデルから選ぶだけですが、XJE-MH2の場合、
松尾伴大氏と直接話をしながら数時間かけて、自分の好みの音へとチューニングしていくのです。
”カウンセリング”と呼バレているこの作業、松尾伴大氏が淹れてくれるドリップコーヒーと共に、
普段聞いている音楽について、ざっくばらんに話を進めながら、各ユニット内部を調整して、
これこそ最高の音!と思う”自分だけの音”を作り上げていきます。

フィックス

普段聞いている音楽をもとに好みの音を練り上げて、これだ!という音質にたどり着いたら、
各ユニットのチューニングをクローズします。この作業を”フィックス”と呼び、設定後はもう
二度とチューニングをすることはできません。こうして出来上がる自分だけの形と音。
一生ものの高級腕時計よりは安いものの、それでも贅沢な一品。特別な記念日に作るという
のもいいかもしれません。ちなみに出来上がった音には個々に名前が付けられるそうです!
>>> 次回 Just ear −サウンドレポート:マーケット−
<<< 前回 Just ear −サウンドレポート:音像−
--------------------------------------------
>>> 製品レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 北堀江の看板

    2019-6-10

    RICOH GR III レビュー Vol.13

    レンズ構成 今回の新型GR IIIでは、レンズの構成が変わりました。前衛機種GR IIの5群7枚か…
  2. GR III_6

    2019-6-7

    RICOH GR III レビュー Vol.12

    デザイン RICOH GR III のデザイン。初代GRから脈々と続く、この無骨とも言える独自のス…
  3. 黒部ダム

    2019-6-3

    黒部ダム

    最高峰の土木技術  日本で最も堤高(ダムの高さ)が高いダム、黒部ダム。建設作業に従事した作業員は述…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る