Bang & Olufsen BeoPlay H8 レビュー −ワイヤレス−

Beoplay H5_6

ワイヤレス

Bang & OlufsenのBeoPlay H8。その機能で最も光る特徴は、何と言ってもBluetooth
ワイヤレス。スマホやウォークマンは鞄の中に入れたまま、顔の周りにぶらぶらする煩わしい
ケーブルに縛られることなく、音楽を自由に楽しめる。音の良さには関係のない、ちょっとした
機能のようですが、オープンカーにも似たこの解放感。一度体験するしてみると、その素晴らしさ
にじわじわと感動を覚えるのです。

ガサゴソ音

ワイヤレスとワイヤード。ワイヤレスの場合、データを圧縮して転送する為、音質では有線に
敵いません。しかし有線の宿命であった”ガサゴソ音”、つまり、衣服がケーブルに擦れる際に
線を伝って聞こえるあの不快なノイズが、ワイヤレスでは一切発生しません。手や体の周りに
ぶらぶらするケーブルから解放されるだけでなく、ガサゴソ音ともおさらば。実に快適至極です。

コントロール

ヘッドホンがワイヤレスになったものの、音量や曲のスキップをする場合、結局は鞄から本体を
取り出さなくてはいけないかいうと、答えはノー。実は、ヘッドホン右側のカバーがタッチ式の
コントローラーになっているのです!

スマートな操作感

指でクルッと円を描けば音量コントロール。B&Oのロゴをタッチすれば曲のスタート/停止。
カバーのセンター部分を指で水平に滑らせれば曲のスキップ/バック。ワイヤレスでスマートな
使い勝手を実現しただけでなく、音楽のコントロール自体もスマート。未来的な新提案です!
>>> 次回 Bang & Olufsen BeoPlay H8 レビュー −ノイズキャンセル−
<<< 前回 Bang & Olufsen BeoPlay H8 レビュー
--------------------------------------------
>>> 製品レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. ランタナと蝉の抜け殻

    2019-7-16

    ランタナと蝉の抜け殻

    夏の花 これだけお日様に出会えない日が続くと、いくら過ごしやすい夏だと思っていても、少々物足りなく…
  2. 1000XM3_2

    2019-7-9

    SONY WF-1000XM3 1st レビュー

    コーデックの問題 今回、WF-1000XM3が採用した音声圧縮変換コーデックはSBC、AAC。あれ…
  3. 1000XM3

    2019-7-7

    SONY WF-1000XM3

    進化を遂げた完全ワイヤレスイヤホン 待っていたノイキャン完全ワイヤレスイヤホンが、完全に新しくなっ…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る