飛火野 OLYMPUS PEN F

OLYMPUS PEN Fの写りは?

 霧の飛火野。こんな不思議な雰囲気に仕上がります。

11月半ばのこの日、奈良公園の飛火野は早朝、霧で一面まっ白に覆われていました。
OLYMPUS PEN Fの小さな標準レンズ、F.Zuiko Auto-S 1:1.8 f=38mmでは少々きつい条件。
おまけにハーフサイズなので、白い霧の中の微妙な階調が写し撮ることができるのだろうかと
少々いぶかしがりながらも、やや当てずっぽうで露出を決めながらシャッターを切っていきました。

ハーフサイズはデジカメ感覚!

ある意味フィルムの無駄使いですが、こんな時だからこそ、ハーフサイズは精神衛生上よいのです。
その場では、ピントも露出もホワイトバランスさえも確認できない銀塩フィルムカメラですが、
36枚撮りで72枚分も撮れるので、残りのフィルム枚数をを気にすることなく、アングルを固定した
まま、様々な露出を試しながら撮影トライができるのです。

フィルムならではの独特の粒状感。

さていかかでしょう?この幻想的な空気感。デジタルではなかなか表現できない世界です。
甘い描写すら味になる。これこそがハーフサイズの魅力なのです。
------------------------------------------
OLYMPUS PEN F レンズ F.Zuiko Auto-S 1:1.8 f=38mm
------------------------------------------
>>> では、続いてもう一枚! OLYMPUS PEN Fの魅力 ④
<<< 戻る OLYMPUS PEN Fの魅力 ②
--------------------------------------------
>>> ポロのハーフサイズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • hitujin
    • 2015年 2月 01日

    画面のざらつきがその場の空気感を想像させますね。

    • ポロ

      確かにこの粒状感はフィルム独特の味ですね!デジタルではこうはいきません。コメントありがとうございます!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 里弄_3

    2019-9-1

    上海 里弄(リーロン) その3

    租界時代の住宅 上海環球金融中心や上海中心といった、近代超高層ビル群が立ち並ぶ現代の上海において、…
  2. ランタナと蝉の抜け殻

    2019-7-16

    ランタナと蝉の抜け殻

    夏の花 これだけお日様に出会えない日が続くと、いくら過ごしやすい夏だと思っていても、少々物足りなく…
  3. 1000XM3_2

    2019-7-9

    SONY WF-1000XM3 1st レビュー

    コーデックの問題 今回、WF-1000XM3が採用した音声圧縮変換コーデックはSBC、AAC。あれ…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2019年9月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ページ上部へ戻る