大和民俗公園_民族博物館

GO icon

続けてもう一枚、暗所での写りです。

奈良、大和民俗公園の民族博物館で屋外展示されている古民家で撮影したものです。
OLYMPUS PEN Fの場合、光量の少ない屋内や、光源がほとんど無い夜景等、被写体に十分光が
届かない場合、ちょっと撮影が厳しくなります。

ハーフサイズ一眼レフ、独自の導光システム。

なぜなら、PEN F独自の導光システム“ポロプリズム・システム” によるファインダーがやや
暗いため、周囲の光量が少ないと、ピントの確認が難しくなるのです。

昭和の臨場感。

しかし、そこはなんとかテクニックでカバーするしかありません。奥に、手前に、ピントの山を
ずらしていきながら、ヤマ勘でエイッ!とピントを決めてしまいます。するとどうでしょう、
仕上がった写真からは、まるで昭和の空気が、すぐ目の前にあるかのような、不思議な臨場感が
表現できているではありませんか!         ………昭和のカメラで写したからかな?
------------------------------------------
OLYMPUS PEN F レンズ F.Zuiko Auto-S 1:1.8 f=38mm

>>>続いては、本記事内にて出てきた、“ポロプリズム・システム”についてです。
<<< 戻る OLYMPUS PEN Fの魅力 ③
--------------------------------------------
>>> ポロのハーフサイズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. walkman_1

    2019-11-18

    ウォークマン「NW-ZX500」開発担当者トークショー Vol.7

    質問の時間 トークショーの最終パートは、参加者からの質問の時間でした。会場となったスニーストア大阪…
  2. WM-ZX500_8

    2019-11-1

    ウォークマン「NW-ZX500」開発担当者トークショー Vol.6

    インターフェース 今回NW-ZX500で、ついに採用されたUSB Type-C。ウォークマン独自の…
  3. WM-ZX500_7

    2019-10-28

    ウォークマン「NW-ZX500」開発担当者トークショー Vol.5

    柔らかさ 今回NW-ZX500の外観デザインで最も大きな変化があった箇所、それは本体下の柔らかなラ…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る