SONY WALKMAN ”Signature Series” NW-WM1A レビュー −リケーブル その2−

muc-s12sb1_2

MUC-S12SB1

新統一規格φ4.4mmに対応したイヤホンケーブル、MUC-S12SB1。ヘッドホンに同梱されている
標準のステレオミニプラグタイプとは明らかに異なる、凝った編み込みワイヤーが透明チューブから
透けて見える極太のケーブル。この見た目からして、いかにもいい音を届けてくれそう。

KIMBER KABLE

拘りポイント満載のこのケーブルは、ソニーとKIMBER KABLE社との共同開発。キンバー・
ケーブルといえば、”Braid(編み)構造”。複雑な組紐のように編み込まれた8芯のケーブルは、
単なる見てくれではなく、外部ノイズのレベルを徹底的に排除するために考えられた方法。
ケーブルそのものの物性だけでなく、編み方で音の質を上げるという、匠の世界の製品です。

リケーブルの効果

MUC-S12SB1が対応しているヘッドホンはMDR-1AとMDR-100Aのみ。リケーブルによる音の
違いを、MDR-1Aで確かめてみました。元々解像度の高さで定評のある1Aですが、同梱の標準
ケーブルからMUC-S12SB1に変えた途端実感するのが、音の粒立ち。音楽を構成するそれぞれの
音のセパレーションがよりクリアになり、楽器とボーカルの見渡しがスカッと良くなるのです。

バラード

”Braid構造”による効果は、音の透明度を向上させるだけでなく、”無音”の質まで変えてくれます。
楽器もボーカルも途切れた瞬間の無音の音に、リッチな艶が感じられるのです。言い換えればつまり、
目の前に美しい音の”場”と”空間”が生まれ、心地よい音楽の世界に入り込めるのです。こうした音の
空間に最も相応しいのがバラード。MUC-S12SB1にリケーブルしたら、まず試してもらいたい
オススメのジャンルです!
>>> 次回 SONY WALKMAN ”Signature Series” NW-WM1A レビュー −リケーブル その3−
<<< 前回 SONY WALKMAN ”Signature Series” NW-WM1A レビュー −リケーブル その1−
--------------------------------------------
>>> 製品レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. α6000_4

    2017-7-25

    SONY α6000 レビュー -操作性-

    NEX-7の再来!? 革新的な操作インターフェース”Tri-Dial Navi(トライ ダイヤル …
  2. SIX

    2017-7-23

    GINZA SIX 草間彌生のインスタレーション

    GINZA SIX 今年の4月に開業を迎え、早3ヶ月。銀座における人の流れを大きく変え、ラグジュア…
  3. 矢田寺のお地蔵さん

    2017-7-20

    SONY α6000 レビュー -高解像度-

    2430万画素 α6000のAPS HD CMOSセンサーの解像度は有効約2430万画素。今時のミ…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る