SONY WALKMAN ”Signature Series” NW-WM1A レビュー −リケーブル その2−

muc-s12sb1_2

MUC-S12SB1

新統一規格φ4.4mmに対応したイヤホンケーブル、MUC-S12SB1。ヘッドホンに同梱されている
標準のステレオミニプラグタイプとは明らかに異なる、凝った編み込みワイヤーが透明チューブから
透けて見える極太のケーブル。この見た目からして、いかにもいい音を届けてくれそう。

KIMBER KABLE

拘りポイント満載のこのケーブルは、ソニーとKIMBER KABLE社との共同開発。キンバー・
ケーブルといえば、”Braid(編み)構造”。複雑な組紐のように編み込まれた8芯のケーブルは、
単なる見てくれではなく、外部ノイズのレベルを徹底的に排除するために考えられた方法。
ケーブルそのものの物性だけでなく、編み方で音の質を上げるという、匠の世界の製品です。

リケーブルの効果

MUC-S12SB1が対応しているヘッドホンはMDR-1AとMDR-100Aのみ。リケーブルによる音の
違いを、MDR-1Aで確かめてみました。元々解像度の高さで定評のある1Aですが、同梱の標準
ケーブルからMUC-S12SB1に変えた途端実感するのが、音の粒立ち。音楽を構成するそれぞれの
音のセパレーションがよりクリアになり、楽器とボーカルの見渡しがスカッと良くなるのです。

バラード

”Braid構造”による効果は、音の透明度を向上させるだけでなく、”無音”の質まで変えてくれます。
楽器もボーカルも途切れた瞬間の無音の音に、リッチな艶が感じられるのです。言い換えればつまり、
目の前に美しい音の”場”と”空間”が生まれ、心地よい音楽の世界に入り込めるのです。こうした音の
空間に最も相応しいのがバラード。MUC-S12SB1にリケーブルしたら、まず試してもらいたい
オススメのジャンルです!
>>> 次回 SONY WALKMAN ”Signature Series” NW-WM1A レビュー −リケーブル その3−
<<< 前回 SONY WALKMAN ”Signature Series” NW-WM1A レビュー −リケーブル その1−
--------------------------------------------
>>> 製品レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. WF-1000X_4

    2017-9-22

    SONY WF-1000X 1st レビュー -使用性-

    ペアリング ワイヤレスイヤホンやワイヤレスヘッドホンなどで煩わしいのがBluetooth接続時のペ…
  2. WF-1000X_2

    2017-9-19

    SONY WF-1000X 1st レビュー -バッテリー性能-

    使用時間 左右のイヤホンを繋ぎ、プレーヤーへと繋がるオーディオケーブル。この耳元から下がる煩わしい…
  3. WF-1000X_3

    2017-9-17

    SONY WF-1000X 1st レビュー -ノイズキャンセリング-

    完全ワイヤレスイヤホン KickStarter発の、EARIN M-1から始まった、左右独立型 完…

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly
2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る